全体の代表者(奉仕者)

まもなく4月の市議選に向けての動きが出てくる季節ですが、そもそも市議会議員ってどんな人なのでしょうか。

各地区地区で、「うちの地区からなんとしても一人」とか、「先生はうちの地区の代表者です」なんて話も。さらには、議員自身の口からも、「私は○○区の意見を議会に伝えるため」とかいう方もいます。

別に悪くはないのですが、まず市議会議員というのは、特定地区(一部)の代表者(奉仕者)ではありません。もちろん。

市民全体の代表者である、特別職公務員です。

特定地区の意見を伝えることのみを目的として立候補することはいかがなものかと。市全体の将来を考え、市をよくしたいという思いの下に、その手段として、その手段の一つとして、特定地区の意見を議会に持っていくことは当然にありうる話ですが。

なので、それぞれの地区で候補者を一本化しようだとか、一本化した後に出馬したいという話があったときに圧力をかけて翻意させるとか、とてもナンセンスなことだと思います。具体的に聞き及んでいるわけではありませんが、よく聞くはなしです。

また、若い人が立候補しにくい現状も大きな問題があります。

これからの市のことを考えていくのに、20代・30代の議員がいなかったり、いても極少数だったり。市によっては、40代の議員すら見られないところなども。

多くの経験をして、長い人生経験を積んだ方の考えや経験則は、市政にとっては絶対に欠くことのできない大きな財産です。とはいえ、それだけでは、よくなるはずがありません。

20年30年後、さらには50年100年後の将来を考えていくのに、その時代を歩もうとする若い世代の考えを汲み取れない議会では、発展はありえません。

「私は若い人の話を積極的に聞いている」という議員さんもいるでしょう。それは大変結構なことですが、議場の外で若い世代の話を聞くことと、議場に若い世代が乗り込んでいって若い感覚でどんどん発言をしていくというのでは、まったくパワーが違います。

さて、先に書きかけたことですが、若い人が立候補しにくい現状。

よく耳にするかと思いますが、選挙を勝つには「三バン」が必要だいわれています。

地盤、看板、鞄。

 地盤:地縁血縁を含み、後援会などの磐石な組織。

 看板:いわゆる知名度。

 鞄:資金。

たしかに、これら「三バン」があれば選挙は優位に戦うことができるでしょう。しかし、そのような選挙が続くようでは、若い力を議会に送ることは非常に難しくなります。

若いと、磐石で大きな後援会を組織することはできません。二世でない限り。

若いと、生きている時間が短い分、知名度も高くありません。

若いと、貯えも多くありません。

ただ、この三バンを駆使して選挙戦を進めるのが、いまの常識です。これが常識ではなくなったころに、本当に開かれた選挙になるのではないでしょうか。

25歳になれば、被選挙権が与えられます。

組織力がなくても、知名度がなくても、お金がなくても、政策で選ばれて当選する選挙。そんな選挙を基本とする地方政治が一般化すれば、市民も政治的に熟成され、国政選挙でも単に政党で選んだり、顔で選んだり、雰囲気で選んだり。ということではなく、一人ひとりの政策を重視した投票行動になるはずです。

それが、結果として地方はもとより、日本全体が政治というものに本格的に向き合って、変われるきっかけになるのだと思います。

など、ああだこうだと書き連ねましたが、伊那市の皆さん、4月はちゃんと投票に行きましょう。投票率60%台なんて、寂しすぎます。せめて75%、がんばって80%!

そして、投票は「しがらみ」や「付き合い」で行うのではなく、「その人となり」「政策」「ちゃんとやってくれそうか」などといった、本来の選び方で行いましょう。

もっというと、議会でどのようなことが行われているのか、どんなことが問題になっているのかを、オープンにして我々市民に伝えてくれる、そういった人も必要です。自分が住んでいる街が、どんな問題をかかえ、どんな議論がされて、どんな結論を迎えそうなのかというのは、本当はみんなが知るべきことなのです。

政治家は崇高な理想を語ることも大事ですが、理想ばかり掲げて現実的な実績をあげない人は不要です。できること、小さなことからコツコツと。です。

市長も同時に変わるこの時、議会の風通しもよくする最大のチャンスです。

・・・・・・・・

といっても、地盤培養行為を完全に否定しているわけではないですけどね。

地元の方の意見を聞き、吸い上げる行為は、そもそも議員の本来的な行為でもありますし。

・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ついに

政権交代が実現する。

300議席もあって、「改革できる立場と権力」があったのにもかかわらず、日本をどんどんと悪くし、さらに「民主に政権を渡したら日本は大変なことになる」とか「民主には政権を担う能力がない」とか言っていた自民党。

できる立場にありながらやらなかった自民党政権が、終焉を迎える。

・・・・・・・・

これから鳩山内閣発足に向けて、いろいろと調整が始まりますが、どのような顔ぶれになるのか大きな期待があります。

とはいっても、民主党に諸手を挙げて期待をしているわけではなく、自民党政治を終わらせるためには民主党が勝たなければならず、また、それをできるのが今の民主党だけだったからです。

防衛や経済政策など、主要なところで考え方の違う社民・国民新党と連立を組んで政権運営をしていくので、いろいろいろいろ、簡単に進まなかったり揉めたりすることが出てくるのでしょうが、そこはじっと議論を注視し、見守って行きたいですね。

・・・・・・・・

とにかく、選挙も終わったことだし、選挙違反をしていた陣営はとっととお灸を据えられて反省をしてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと

日中、時間が取れたので行ってきました。

期日前投票。

NHKの出口調査にもしっかり協力し(^^)

・・・・・・・・

そういえば、選挙権を得て10年になりますが、国政選挙で初めて「死票ではない一票」になるのかと思うと楽しみ(比例は除きます)。

・・・・・・・・

投票後、お客さんのところ行って、役場行って、事務所でお昼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名前連呼!

自民の候補者、名前ばっかり。

しかも、連呼しながらうちの事務所の駐車場に入ってきた・・・。選挙カー。

いま。

勝手に入ってきて、ちょっとしゃべって勝手に出て行った。。。まぁ、いいけど。

・・・・・・・・

さて、お昼でも食べよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットと選挙

まったく時代遅れ・時代錯誤な規制。

もともと、公選法はネットでの選挙活動を予定していなかったので、そもそもネットに関しては欠陥法なのです。

選挙活動を行う際、頒布できる文書にはさまざまな制限がされています。巨額の資金がある立候補者に有利にならないように、次から次へとビラを配ることはできず「法定ビラ」と言われるビラを作成し、頒布することになります。

頒布枚数が決められているビラには、ペタペタペタペタと気が遠くなる枚数の証紙を貼るという作業があったりします。

パンフレットも、ポスターも挨拶状も・・・。枚数や内容などなど、規制だらけ。公選法が「べからず法」と言われる所以です。

・・・と、言った感じで、文書・図画の頒布には枚数も記載事項もいろいろと制限があります。

ネットでの選挙活動を許してしまうと、この取締りが大変ということもあり、原則としてHPやブログで選挙活動はできないことになっています。現在では多くの候補者のHPやブログは選挙活動か否かを問わず、公示日以降は更新ストップというのが通常です。

「選挙には金がかかる」というのを少しでも改善するためにはネットは大いに活用すべきなのですが、政治活動か選挙活動かの線引きがいまだ確立せず、選管の対応も、ところによってまちまちというのが現状のようです。

ちなみに、この公選法の規制対象は候補者だけではありませんので、一般の方も若干の注意が必要です。

ただ、一般個人のブログを積極的に取り締まろうといったことはないようです(ないことはないのですが。)。

・・・・・・・・

なんて、いろいろ考えながらブログで選挙のことを書かなきゃいけないなんてのは、そもそも憲法の保障する表現の自由からして、どうなんだろう。

この規制に挑戦状をたたきつけて(かどうかは知りませんが)、告示日以降もず~っとブログを更新し続けたという候補者もいらっしゃいましたが。どっかの市長選かなんか。

どちらにしても、アメリカではネットでの選挙活動が当たり前のように行われ(オバマさんも)、これだけ普及している媒体なんだから、活用しない手はないですよ。

新聞読まなくても、ネット見ている若者がどれだけ多いかを考えればね。

・・・・・・・・

と、なにやらダラダラ書いてたら、ぜんぜん話がまとまっていないことに気がついたので、この辺で。

・・・・・・・・

追記(16:40)

今日のニュースで鹿児島県阿久根市の選管が、竹原市長がブログで特定の候補者を支持する書き込みをしたことに対し、

「投票を呼び掛けたのではなく個人の主張を述べたもの。選挙活動とはみなされないと判断した」

とのこと。

当初、公選法に抵触か! と騒がれましたが、一歩前進ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとのつもりが

しっかりお手伝いしてきました。

8時半に選挙事務所に行って、野立看板のポスター張替えと補修を50件ほど(二連ポスターへの証紙貼りも一箇所)。

掲示板の番号は「3」になりました。いい位置ですね。

・・・・・・・・

そういえば、選挙ポスターの掲示位置ってどのように決めるか知ってますか?

「くじびき」で決めます。

しかも、くじびきを引く順番を決めるための「くじびき」も行います。

面白いですね。

私、以前、県議選の時に「くじびき」引かせていただきました。

けっこう緊張するものです。他陣営の方とチラチラ視線を合わせながら。

決まった瞬間、選対本部に「掲示板、○番です!」って電話(その一報が選挙事務所に入ると「掲示板、○番!!」と指示が出て、運動員さんたちが一斉にポスターを手にして散ります)。

で、選管から腕章やらタスキなんかの選挙道具一式をもらって事務所に戻るのです。

懐かしいなぁ。

・・・・・・・・

と、そんなことを思い出しながら、暑い中、ポスターをペタペタ貼っていたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ

公示(30日投票)。

本格的に選挙戦突入ですね。

明日の8時半から民主党の事務所。

ちょっとお手伝いをして、選挙気分へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党員ではないけれど

民主党員だと思っている方もいるようで。

ハッキリ言っておきますが、どこの政党とも関わりがございませんのでよろしくお願いします。

・・・・・・・・

さて、今日は近々総理になるであろう、鳩山代表が伊那に来るということで、行ってきました。市民会館。

あっという間に会場は満席。入れない方、相当多数。

久しぶりに見ました、この人の数。

テレビカメラ、新聞社も多数。

そして、ものものしい警備。

まず、正面の入場口すべてに金属探知機のゲート(空港にあるようなやつ)が置かれ、会場に入るにはすべての人がこのゲートを通ります。

そして、SPの数。

鳩山代表がステージに立っている間、見えただけでもステージ上に6人、ステージの左右に2人のSP。眼光鋭く会場を見渡していました。

そのほかにも、会場内に多数いたかと思います(県警・SP・警備員含めて50名以上との情報)。

・・・・・・・・

まず思ったのは、加藤さん、演説がうまい! 同じ選挙区で立候補予定の某氏の比ではないですね。

もうちょっと明るさがあってもいいと思いますが、それは政権交代への真剣な思い、ということで仕方はないのかな。

そして、鳩山代表。

「私よりも演説がうまい」と、加藤さんのことを評価していましたが、そうは言ってもやはり雰囲気が違う。ステージのギリギリ手前まで来て、マイクを手に持って話すしぐさだけをとっても。

内容は、とくに目新しいことはありませんでしたが、森林再生にも力を入れる! と、伊那谷ならでは話も入っていたりはしました。

・・・・・・・・

ほかには、参議院の北沢さん、連合長野の近藤会長。どちらもいい感じでした。

やはり政治家は演説がうまくないとね!(近藤さんは政治家じゃないけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳩山代表来伊

今日、18時に民主党代表の鳩山さんが伊那市民会館に来られます。

時期総理になるかもしれない方で、いまもっとも発言の一つ一つが注目されている方でもあります。

お時間のある方は、ぜひ生で鳩山代表と加藤学氏の意気込みを体感しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東知事と橋下知事

ご存知の方も多いでしょうが、にへいは橋下知事をかなり応援しています。橋下さん著「最強の交渉術」も愛読書。自民党寄りなのはちょっと残念ですが・・・

どっかの知事と違って、「大阪府民は私が国政に出ることを期待していない」と言って、あくまでも大阪再建に尽力するとのスタンスを崩さない(国政に一切関わらないということではなく、知事職を放り投げて国会議員になろうなんてことは思っていないってこと)。

わかりやすい。地方分権を推し進めるために、意見表明をする。本当に大阪をよくしたいと思っているのがわかる。

一方、例の知事。

冗談かと思っていたが、「総裁(総理)になりたい」って気持ちはどうやら本気だったらしい。知事になってまだ一期も終えていないのに。

昨日のテレビ番組で、「知事としてやることはやったのか?」の質問に、今までできなかった改革を進めて、今後についても「道筋はつけた」とのこと。

だから、自分が知事を辞めて国に出て行ったとしても、だれが引き継いでも改革はできるってこと? そんなに県の改革って短期間でできてしまうの?? 

「地方」「地方」って言ってるけど、この知事の場合、最初から国政転向への色気が見え隠れしていた。「宮崎をどげんかせんといかん!」って盛んに言っていた姿は、もう過去のもの。

また、今回の騒動(?)で県庁への意見の8割が「国政進出反対」だったようだが、知事は「それは実際の民意を反映していない」と。

県民の意見を聞く立場である県のトップが、自分の職場である県庁にかかってきた電話の8割が反対だったというのに、“そんなの関係ねぇ!”らしい。

とにかく、まだ一期も全うしていない知事に対して国政転向をすすめる(というか「たのむからうちから出てちょうだい、っていうお願い?)自民党も、なりふり構わないようで。それに気をよくしてしまった知事も、どうなんでしょう。

総理になった場合、地方のことだけがんばるのかな。環境・経済・安全保障・外交問題・・・。どんなスタンスかちっともわからないこの人が、総理になったら、と思うと・・・。

まあ、「いまが最大のチャンス」と考えている政治的な勘は、確かなんだろうね。今度の選挙に出ないで、「次」って思っても、それはもう無理なんだろうなぁ。旬ってもんで。仮に今回出馬して総裁になったところで、たいした集票もできずに野党第一党の党首になってしまうんでしょうが。

「民主が大勝して、民主党ファシズムになってしまう」なんて言ってたようだが。なにを思って「ファシズム」なんでしょう。

そんなわけで、まもなく選挙です。長野5区も、これまでと違った流れができつつあるとの話を漏れ聞きます。本当に、南信地域を本拠としてがんばっている人に、国政へ行ってほしいですね。

民主党政権誕生、間近です。

逆アナウンス効果がちょっと怖いけど。

日程が決まったら、どんどん期日前投票をしましょう!!

・・・

東国原氏の他には、舛添氏が次期総理にふさわしいってんだから・・・。ヤレヤレ。

・・・

でもやっぱり、田中さんにがんばってもらいたいなぁ。新党日本、最近は露出も少なく印象が薄くなりがち。

信州知事だったころのパワーを見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧