« ちょっとのつもりが | トップページ | 長野出張 »

ネットと選挙

まったく時代遅れ・時代錯誤な規制。

もともと、公選法はネットでの選挙活動を予定していなかったので、そもそもネットに関しては欠陥法なのです。

選挙活動を行う際、頒布できる文書にはさまざまな制限がされています。巨額の資金がある立候補者に有利にならないように、次から次へとビラを配ることはできず「法定ビラ」と言われるビラを作成し、頒布することになります。

頒布枚数が決められているビラには、ペタペタペタペタと気が遠くなる枚数の証紙を貼るという作業があったりします。

パンフレットも、ポスターも挨拶状も・・・。枚数や内容などなど、規制だらけ。公選法が「べからず法」と言われる所以です。

・・・と、言った感じで、文書・図画の頒布には枚数も記載事項もいろいろと制限があります。

ネットでの選挙活動を許してしまうと、この取締りが大変ということもあり、原則としてHPやブログで選挙活動はできないことになっています。現在では多くの候補者のHPやブログは選挙活動か否かを問わず、公示日以降は更新ストップというのが通常です。

「選挙には金がかかる」というのを少しでも改善するためにはネットは大いに活用すべきなのですが、政治活動か選挙活動かの線引きがいまだ確立せず、選管の対応も、ところによってまちまちというのが現状のようです。

ちなみに、この公選法の規制対象は候補者だけではありませんので、一般の方も若干の注意が必要です。

ただ、一般個人のブログを積極的に取り締まろうといったことはないようです(ないことはないのですが。)。

・・・・・・・・

なんて、いろいろ考えながらブログで選挙のことを書かなきゃいけないなんてのは、そもそも憲法の保障する表現の自由からして、どうなんだろう。

この規制に挑戦状をたたきつけて(かどうかは知りませんが)、告示日以降もず~っとブログを更新し続けたという候補者もいらっしゃいましたが。どっかの市長選かなんか。

どちらにしても、アメリカではネットでの選挙活動が当たり前のように行われ(オバマさんも)、これだけ普及している媒体なんだから、活用しない手はないですよ。

新聞読まなくても、ネット見ている若者がどれだけ多いかを考えればね。

・・・・・・・・

と、なにやらダラダラ書いてたら、ぜんぜん話がまとまっていないことに気がついたので、この辺で。

・・・・・・・・

追記(16:40)

今日のニュースで鹿児島県阿久根市の選管が、竹原市長がブログで特定の候補者を支持する書き込みをしたことに対し、

「投票を呼び掛けたのではなく個人の主張を述べたもの。選挙活動とはみなされないと判断した」

とのこと。

当初、公選法に抵触か! と騒がれましたが、一歩前進ですね。

|

« ちょっとのつもりが | トップページ | 長野出張 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットと選挙:

« ちょっとのつもりが | トップページ | 長野出張 »